無添加クレンジングを優しく使うためのバーム

ジェルやクリーム、ミルクとバーム何がどう違うの?

クレンジングを選ぶ上で、テクスチャって意外と大事なんですよね。

 

特に無添加の肌に優しい洗浄成分のクレンジングは大事なのです。

 

肌に優しい成分の洗浄剤は、合成洗剤よりも洗浄力が低くなり刺激が少ない分洗浄力が落ちるということになります。

 

なので、メイクを落とすときにゴシゴシ力が入ってしまう肌への摩擦刺激を抑える役割がテクスチャに求められます。

肌へのゴシゴシ刺激を和らげるテクスチャ

洗顔で潤いを実感する女性
リキッドは水の事なので、メイクを落とすときに洗浄力が弱いとゴシゴシしてしまいます。

 

ジェルはリキッドより少し粘性があるけど、水に近く液ダレするレベルです。

 

ミルクタイプもほとんど同レベルだと思います。クリームタイプは肌にしっとり馴染みますが、

 

粘性という点ではそれほど高くないです。

 

それらに比べるとバームは粘性があるだけでなくテクスチャに弾力があるので、メイクを浮かせるとき指でクルクルする肌への摩擦をバームが間に入って和らげてくれます。

無添加であるのと同じで、テクスチャも肌に優しいものを!

洗顔バームのトロけるテクスチャ

 

肌の老化対策や、シミやシワ、乾燥の為に無添加クレンジングを選ぶ方が増えています。

 

そして、若い方ほど肌が敏感で弱い方も増えてるといいますから、世代を問わず肌に優しいクレンジングを選ぶ方が増えているでしょう。

 

その肌に優しいクレンジングを、優しく使うためにもクレンジングの摩擦を和らげるテクスチャは大切と言えます。

 

そういう意味でもリキッドやミルクタイプよりバームクレンジングの方がオススメと言えます。

 

洗顔バームを使ってみました。
⇒アラフォーの乾燥肌で試して実感した洗顔バームの口コミはこちら